レスキューボランティア

今年もアニマルレスキューチームに寄付をさせて頂きました。
IMG_8133.jpg

ほんの気持ちですが少しでもレスキュー活動のお役に立てればと思い
毎年させて頂いてます。

綺麗事やタテマエを語る方も居ますが・・・
良きにつけ、悪しきにつけ? 行動が先に出る やんエリ家
IMG_8138.jpg


今年も終わろうとしてる今だから、公開しますが実は8月ごろ母を失い家族一同寂しい時期もあり
やんエリ家ではエリのパートナーとしてある保護団体からEセッターを里親として迎える予定でした・・・
IMG_8123.jpg


しかし、そのEセッターにはリンパ節の腫瘍摘出手術の経緯があり
今後の治療やケアの指導を聞きく為、行きつけの獣医と色々相談した結果
仮親(一時預かり親)さんから、よく病状などを聞いて、内容を把握した上で
今後ケアー等、責任を持って引き継ぐつもりでた。
IMG_8112.jpg


その件もありメールや電話で色々聞いたりしてましたが、その結果
病気を気にしない方に譲りたいとの理由でお断りのメールが入り 断念・・・

ただ、此方も里親として迎えるのは初めての経験・・・

それと飼い主の責任として病気を承知で迎えた以上、命ある最後まで面倒を見るのが義務

その為には、病気の事や今後の治療も獣医と連携して行くため色々聞くことも多くなって・・・
IMG_8118.jpg


レスキューは本当に大変なボランティアだと思います。

しかし里親になる為、的確な里親審査や調査があるのなら
里親側も明確な病気などの説明や詳細も事前に知った上で引き継ぎたいと思います

この度、里親に迎えようと思ったEセッターの紹介(説明)でしたが

保護団体の方は、リンパ節に多少不安や異常が認められるが、それを承知の上で世話をしてもらいたい
一方、その保護団体から委託されてる仮親の方からは腫瘍は摘出され健康状態には全く問題がない とのこと

結果的には先方からメールで一方的に断られましたが
こちら側も迎えたいEセッターの病状が食い違ったり説明が曖昧であったことは残念でした
IMG_8115.jpg

このブログ内容を拝見され、ご意見は賛否両論あるとは思いますが

全部取りきれなかったリンパ節の腫瘍摘出手術 → 全身の進行性による再発癌の可能性

私共家族は、しっかり病状を把握して里親になりたかったのが現状でした 命に関係する事ですので・・・

私の母は今年、進行性による癌の再発のため亡くなりましたから・・・。

ち、な、み、に、ヤツは左脳のボランティアが必要かな
それと、やっぱウチは当分、やんちゃなエリ が主役かな

ただ、、、やんエリ家としては 早く改名し やんちゃだったエリ を期待してます
IMG_8142.jpg

■日々レスキューボランティアに努力されてる方々に 御礼の一票をお願いします

ランキング参加中です 購読頂きましたら、左下のエリのアイコン ポチッご協力下さい


[ 2010/12/14 00:30 ] 未分類 | TB(-) | CM(8)